忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トリートメント・リンス・コンディショナーの違いをご存知ですか?
どれもシャンプーのあとに使う髪をコーティングするヘアケアですが、一体何がどう違うのかそれぞれ紹介したいと思います。

自分オリジナルの髪型をたのしもう
まずリンス・・・
リンスは3つの中で一番最初に開発され販売されたヘアケア商品です。
アルカリ石鹸を中和させ、指通りを良くし石鹸カスを落とすために作られました。
粘度は低く髪の表面に付着します。
リンスとは英語ですすぐという意味です。
リンスがまだなかった昔は石鹸で髪を洗っていた時代は洗い終わった後、酢で髪をすすいでいたそうです。

次にコンディショナー・・・
シャンプーの後髪のコンディションをよくする、整えるために開発されたヘアケア商品です。
リンスのように石鹸カスをすすぐのではなく髪に汚れを付きにくくし、サラサラしっとりさせます。
やや粘度が高く、髪に吸着し少しだけ髪内部に浸透します。

そしてトリートメント・・・
本来は洗い終わり乾いた髪に付けるヘアケア商品として開発されたものです。
髪を健康にする為に開発されました。
しかし現在はリンス感覚で使用されているケースも多いです。
粘度は高く、髪に収着し髪内部にまで深く浸透します。

名前がトリートメントと表記されていても内容物がリンスの働きをするものなんて事もまれにありますが、
それぞれの特徴を知る事で今まで以上の髪を作り出す事が出来ます。
シャンプーのあとにまずリンスを使い、リンスですすがないと石鹸カスが残ってしまいかえって髪を汚したり傷める事もあります。
リンスでよくすすいでからコンディションを整えるのか、また健康的に髪質改善をするのであればトリートメントをするのかなど自分にあったケアをする事が出来ます。
PR

頭皮がベッタとする、湿ったすごいフケが出るというような症状がある人は危険です。こういうことは脂性の頭皮で、頭皮から分泌される皮脂がいっぱい、毛穴を皮脂が固形化したものが詰まったりして毛根にすごいヘアダメージを与えます。皮脂が多いと外気のホコリやばい菌等付着しやすく成ります。

頭皮が脂で覆われ、この上にホコリ等で付いています現状で不衛生な現状に成ると皮膚呼吸が妨げられ、髪 を造り出す毛母細胞への酸素補給が不足してしまいる。次第に毛母細胞は弱っていき、この結論、髪 が細くなったり、抜けたりして薄毛の動機と成るのです。

次に挙げる3つの目安は頭皮の現状を適切に整え、頭皮や毛根をよりベース気にさせていくトレーニング法です。

他に頭皮がパサパサしてかゆい等のぱさつきした頭皮、もみ上げや襟足の髪の毛が癖が強く、そこそこ髪 が伸びてこ無い等の毛根の劣化による細毛等も薄毛の動機に成りますので常に健康な頭皮、毛根を心がけませんか。

また何故それのメーカーがよいのか教えてちょうだい。

お勧めのヘアケアメーカーを教えてちょうだい。
また何故それのメーカーがよいのか良ければ教えてちょうだい。

ネットで楽天等のネットショップで大勢のメーカーがあるのでどれがよいのかよくわからないんですよね。
宜しくお願いしましょう。

■ジョンマスターオーガニック
100パーセント植物由来の原料でつくられたケア&スキンケアブランド。無造作派にありがちな洗髪の軋みはありますのだが、トリートメント類の仕上がりはケミカル系に負けない手触りです。わたしはそれで髪の毛がツヤツヤになりました。

■オブ・コスメティックス
天然素材にこだわってつくられたケア(一部スキンケア)ブランド。現役スタイリストの発明者のだが、あなたの髪の毛を常にハイヘアダメージ状態にして商品確認している、真摯な発明姿勢も好感が持てます。

■コレス・ナチュラルプロダクト
ギリシャ発の薬局から始まったスキンケア&ケアブランド。天然ハーブからつくられた製品は、やはり洗髪に軋みがあるものの、トリートメント類のうるおいは確実な手応えです。髪の毛質別のテクスチャーは当然、香りも色々選べるのが魅力。上の2つに比べ、お値段も安めな設定です。

ケアも色々ありますから、どうやっても迷ってしまいます。でも、髪の毛質や好みの感触もあるでしょうし、現実的にごあなたの髪の毛で確かめるしかないです。気になる物には臆せずチャレンジ!頑張って下さい。